快適なリビングの広さはどのくらい?

快適ハウス

0800-888-9988

住所 / 〒818-0081 福岡県筑紫野市針摺東1-6-3

営業時間 / 平日 9:00~18:00
(ご予約次第で時間外対応可能)
土・日・祝日は、予約にて対応

lv

快適なリビングの広さはどのくらい?

コラム

2022/08/13 快適なリビングの広さはどのくらい?

12
家族がくつろげるリビングは、できるだけ居心地よくしたいですよね。
しかしリビングはどのくらいの広さだと快適に過ごせるのでしょうか?
そこで今回の記事では快適なリビングの広さについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

快適なリビングの広さはどのくらい?

子どもがいる家の場合、快適なリビングの広さは16~20畳ほどです。
家族で暮らすなら、20畳もあればゆったりくつろげるでしょう。

リビングの形も大切

同じ面積のリビングでも、視線に「抜け」があると広く見えます。
長方形のリビングだと遠くまで視線が届くので広く見え、正方形のリビングは遠くまで視線が届きにくいので狭く感じます。
大き目の窓を設置したり窓の位置を工夫するだけでもリビングが広く感じますよ。

リビングを広くできない場合は?

土地の面積や予算などの関係でリビングを広くできない場合は、あえて狭さを生かす演出をするのもおすすめです。
例えば家具を小さめにすると部屋が広く見えます。
またソファを壁にくっつけて設置したりローテーブルを設置したりすることでも、部屋が広く見えるでしょう。

まとめ

快適なリビングの広さは16~20畳ほど。
リビングを広く見せるには視線に抜けを作ることも大切です。
またリビングを広くできない場合は小さめの家具やローテーブルを選ぶなど、できるだけ広く見せる工夫をすると良いでしょう。

福岡県筑紫野市の「快適ハウス(想家工房株式会社)」では、住んでいる人の健康を守る注文住宅づくりをしております。
業界トップレベルの機密性能を持つ「魔法びん断熱工法」で室内の温度差を低減し、体への負担を減らします。
「家族みんなが快適に過ごせる家をつくりたい」というかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

TOP