ローコスト住宅の考え方

快適ハウス

0800-888-9988

住所 / 〒818-0081 福岡県筑紫野市針摺東1-6-3

営業時間 / 平日 9:00~18:00
(ご予約次第で時間外対応可能)
土・日・祝日は、予約にて対応

lv

ローコスト住宅の考え方

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは比較的安い価格で建てられる住宅のことで、一般的には、格安で家を建てられる家、コストダウンされた家、1千万円台で建てられる一軒家などのイメージがあると思います。

立地条件の良い土地を購入し、予算の都合上建物価格は抑えたい・・・という方もローコスト住宅が選択肢に入ってくると思いますが、ローコスト住宅は「本当に安い」のでしょうか?

ローコスト住宅と高性能住宅でかかる費用の比較

家に住んで生活する為には当然ランニングコスト※2がかかります。

※2日々生活に必要となる費用


ローコスト住宅と高性能住宅との大きな違いは光熱費です。
そこで単純に光熱費に着目して、高性能住宅と比較してみます。

 

ローコスト住宅

建物本体+付帯工事込
1300万円(税抜)

光熱費
毎月平均18,000円
(延べ床坪数24坪4人家族・住んでおられたお客様のデータ使用)

50年暮らした場合の光熱費

光熱費
18,000円×12ヶ月×50年

1,080万円

建物価格+50年間の光熱費
1300万円+1,080万円

2,380万円

高性能住宅

建物本体+付帯工事込
1600万円(税抜)

光熱費
毎月平均6,800円
(延べ床坪数28坪3人家族・弊社建築したお施主様のデータ使用)

50年暮らした場合の光熱費

光熱費
6,800円×12ヶ月×50年

408万円

建物価格+50年間の光熱費
1600万円+408万円

2,008万円

確かにローコスト住宅は初期費用は抑えられますが
長く住むと光熱費によってトータルコストで高性能住宅の方が安くなります。

長く住んでいればライフスタイルも変わり光熱費等の増減が有るとしてもこれだけの差は埋まらないと思います。

また、費用だけではなく実際に住んでからの快適さにも大きな差があります。

ローコスト住宅がおすすめな方

◆家賃並みなら持ち家と思いの方(WOODBOX)

◆賃貸などの資産運用のために建てる方

◆今の生活に大きな負担をかけず家を欲しい方(WOODBOX)

◆一定期間後に建て替えや引っ越しなど長期で住む予定ではない方

高性能住宅がおすすめな方

◆長く住んで光熱費も含めてトータルコストを抑えたい方
◆夏は涼しく、冬は暖かく、快適に過ごしたい方

◆アトピーや気管支炎ぜんそくなどのアレルギーに不安のある方

◆家中どこに行っても、暑い、寒いと言った事を感じたくない方

◆吹抜けなどの大空間の家が欲しい方、など

快適に過ごせる家にする為には「高断熱・高気密」である事が必ず必要と成りす。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

気密性能について

高気密、高断熱の高性能な家は、湿気悩まず結露しないって本当!?



また、快適ハウスの想家工房では
失敗しない為の住まいづくりの秘訣」として
家づくりに関する本当に役立つ情報をお伝えしています。

下記より掲載シリーズの記事をご覧ください。

また、快適ハウスの想家工房では
低コストでも自然素材を使った高品質な家づくりが可能な
「WOODBOX」を取り扱っております。

下記よりWOODBOXの詳細をご覧ください。

TOP