想家工房の快適な家に対する想い

快適ハウス

0800-888-9988

住所 / 〒818-0081 福岡県筑紫野市針摺東1-6-3

営業時間 / 平日 9:00~18:00
(ご予約次第で時間外対応可能)
土・日・祝日は、予約にて対応

lv

想家工房の快適な家に対する想い

想家工房の快適な家に対する想い

快適ハウスが考える家づくり

家づくりとは、お客さまにとっても、

そして、

わたしたち快適ハウスの想家工房にとっても、

『最大で最高のプロジェクト』です。

わたしたちが考える家づくりに共感していただき出会えたお客さまに、

世界でひとつの「住まい」というカタチを共に創り上げたい。

そんな想いから想家工房の社名は誕生しました。

そして、快適ハウスの想家工房は、お客さまおひとりお一人の

『理想』や『こだわり』そして『夢』を『一緒に探して見つけて考える』

家づくりのプロセスを大切にし、

『自分らしい家に住まう』というコンセプトのもとに、

お客さまのライフスタイルにぴったりフィットする家づくりを創造しています。

お洒落なリビングでくつろぐお母さんとこども

きっかけは母の脳梗塞

想家工房オリジナル工法の「魔法びん断熱工法」
生まれたきっかけは私の母でした。

母は家の中で倒れました。
いわゆる「ヒートショック」による脳梗塞です。

何とか一命はとりとめましたが、
介護が必要となり、痴呆症も発症してしまいます。

家の中に居ただけなのに何故こんな事になってしまったのか。

調べてみると「ヒートショック」により亡くなる方は年間で推定17000人
なんと交通事故(2015年 4117人)の3倍以上なのです。

ヒートショックとは家の中の急激な温度差によって引き起こされる
身体への悪影響のことで、失神や心筋梗塞、脳梗塞に繋がります。

安全なはずの家の中でこれだけ多くの方が亡くなったり
入院や介護が必要な状況に追い込まれている・・・。

私の母のように辛く大変な思いをみなさんにして欲しくない。
もっと安心して暮らせる家を作れないか?

想家工房は技術屋の集団です。
どうしたらヒートショックを起こさないように
家の中の寒暖差を最小限にできるのか。

安全な家を目指し、研究開発を行った結果
生まれたのが「魔法びん断熱工法」です。

年間限定10棟までしか建築しない理由

想家工房では年間限定10棟までしか建築していません

理由は弊社で家を建てられたすべての方に
弊社独自の基準を満たす安全な家を提供するために
手間暇をかけて建築しているからです。

超高気密 C値0.7以下の家づくり

安全で快適な家づくりに欠かせないのが「気密性能」です。

気密性能とは「どれだけ隙間が少ないか」という事で
「気密性能」は「C値」という数値で比較することができます。

C値5.0以下の住宅を「気密住宅」、2.0以下は「高気密住宅」と呼ばれます。

このC値は床面積 1m×1m(1㎡)当たり何㎝×何㎝の隙間があるかで表され、
C値5.0で30坪(約100㎡)の建物だとすると
1センチ×5メートルの隙間が空いていることに・・・
これはハガキ約3.5枚分の隙間が家に常時空いている状態です。

これだけの隙間が空いていると夏は暑く、冬は寒い
エアコンが効きづらい家になってしまいます。

想家工房では独自にC値0.7以下を基準として建築しています。

C値が低いほど気密性能は高くなり、外気の影響も受けにくくなりますが
密閉させすぎてしまうとと生活している中で発生する水蒸気や二酸化炭素、匂い成分など様々な汚染物質がこもって排出されなくなります。

想家工房では長年の研究と経験で
気密性能と換気のバランスをとって快適な室内環境を実現しています。

全棟性能測定後にお引渡し

img_3845
img_3838
img_3859
img_3853

↑サーモグラフィーによる測定の一例↑

設計上は高気密住宅でも、実際に建てられた住宅が本当に高気密になっていなければ意味がありません。

そこで想家工房では
全棟に気密測定(C値測定)・サーモグラフィーによる温度検査等を行い、
実際に測定した数値をお施主様にご報告しています。

建て終わった後ではなく断熱、気密工事を終えた後にサーモグラフィー等を使用して確認しますので、その時点で基準に達するように施工を行います。

一棟一棟しっかりと手間を惜しまず熟練の技術者が施工するので
現在年間に10棟までしかお受けできないのです。

dsc03906

未来基準の家を創っています

未来基準のリビング

2020年に、住宅の省エネ基準の義務化が予定されています。
2020年の基準よりもさらに10%以上省エネルギーな「認定低炭素住宅」から『ZEH住宅』と省エネルギーで快適そして健康で暮らせる家が最終的に国が目標としている住まいとなります。

基準で国が定める「省エネルギー基準」をクリアした住宅を、

一般的に認定された低炭素住宅と呼んでいます。
快適ハウスでは、2010年からこの基準をクリアした家を作り続けております。
メーカーが作っているHEMSやZEHなどの省エネ住宅やスマートハウスと同等の家を作ることも可能です。
未来基準を考えた家づくりは、快適ハウスの想家工房にお任せください。

デザインにも対応しています

省エネといった機能だけではなく、デザインにも対応しております。
デザイナーハウスはもちろん、建築家を入れて対応することも可能です。
ブルックリンスタイル、ナチュラルモダンなどのパッケージされたデザインも承っております。
また、お客様のご要望に合わせたカスタムにも対応しておりますので、自分だけのオリジナルの家を作ることが可能です。
家のセレクト、カスタムに関しては「車のカスタム」というイメージでお考えいただければ分かりやすいかと思います。
もちろん、デザイン面で分からないことがあればアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

デザインされたリビング

将来も考えられた健康な家を創ります

4r4a5656

快適ハウスでは、業界トップレベルの気密性と断熱性能そして計画換気を備えた家づくりを得意としております。
また、オリジナル工法の魔法びん断熱工法は、夏は涼しく、冬は暖かい住まいを実現いたします。
家全体が季節や外気温に関係なく快適な気温になり、冷暖房費の節約はもちろん、劣化に強い断熱材を使用することで家を長持ちさせる効果もあります。
省エネ住宅は、長い目で見るとお財布にも優しい住宅です。
当社は、これからもお客様の将来も考え、エコで快適な暮らしを実現してまいります。

赤ちゃんにも安心の自然素材を使った家づくり

快適ハウスでは安全で健康にこだわり、自然素材を使った家づくりをしています。

食べられる竹炭を使った「フレッシュカーボンコート」

近年は消臭剤としてもよく使われる「竹炭」ですが、他にも様々なメリットがあります。
・アレルギーの原因となる有害化学物質の吸着分解・除去
・快適な湿度を調節してくれる
・害虫の繁殖条件を低下させることによる防虫・防ダニ・それに伴う家屋の耐久性向上
・電化製品から発生する電磁波を吸収・防護

また、使用する竹炭にもこだわっています。
製造法と品質にこだわった結果、食材に使われるほどの安全性の高い竹炭を福岡県で製造している工場と出会い、その竹炭を使用しています。

天然鉱物「ホウ酸水溶液」による防蟻剤

建売住宅のほぼ全てには「防蟻剤」が使われています。
この「防蟻剤」はいわゆる「農薬」と同じです。
直接触れると危険なのは当然です。
床下に使われているから絶対安全・・・とも言い切れません。
散布後、気化した薬剤が室内へ入り込む可能性もゼロではありません。

そこで、弊社では天然鉱物の「ホウ酸水溶液」を使用しています。

「ホウ酸水溶液」を使うメリットは以下の通りです。
・天然鉱物なので無臭で人体にとって安全
・揮発しないので空気を汚さない
・効果が低下しにくく、長時間持続します。

建物をシロアリから守るのは当然ですが、快適ハウスでは住む人の健康を守るために妥協しない家づくりをしています。




ご相談・お問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせはこちら

住所 / 〒818-0081 福岡県筑紫野市針摺東1-6-3
営業時間 / 平日 9:00~18:00(ご予約をいただければ時間外でも対応致します。)

土・日・祝日は、ご予約にてご対応となります。
先に、ご予約頂いたお客様から優先にご対応となります。

平日も時間外対応。

まずはご連絡ください。

TOP